広島でおすすめの子供写真館 » 広島で「桃の節句・端午の節句」が撮れる子供写真

広島で「桃の節句・端午の節句」が撮れる子供写真

子どもの初節句はきちんと写真に収めたい!

邪気を払い健やかな成長をお祝いする行事「桃の節句」と「端午の節句」。赤ちゃんが生まれてから最初に迎える初節句は、家族揃って記念写真を撮ってお祝いしてあげましょう。広島の写真館情報をまとめましたので参考にしてみてください。

『桃の節句・端午の節句』に対応している広島の写真館

  1. フォセット
  2. 大進創寫館
  3. コマエ写場
  4. Sarah House
  5. CREA
  6. スタジオマリオ
  7. スタジオアリス
  8. イノセンス
  9. nico

『桃の節句・端午の節句』で行うこと

3月3日は女の子の「桃の節句」、5月5日は男の子の「端午の節句」。どちらも健やかな成長を願ってのお祝い行事ですが、桃の節句ではひな人形を飾り、端午の節句では鎧兜を飾り、庭先にこいのぼりを掲げます。
身内でのお祝いで十分ですが、とくに初節句のお祝いには、双方の祖父母を家に呼んで招いてご馳走を振舞ったり、ホテルや料亭でお食事会をしたあと、記念写真撮影を行うのが一般的なようです。

『桃の節句・端午の節句』での体験談・失敗談

img01

娘が生まれたのは2月生まれだったので、お宮参りもまだだったので初節句は翌年に持ち越しました。翌年は、きちんと事前準備し、両方の祖父母を呼んで料亭でお祝い。写真館で記念撮影もして、良い思い出になりました。

img02

狭いマンションに住んでいるので、ひな飾りはお内裏様とお雛様のみ。写真館では、お雛様と同じ十二単の衣装を着て、大きな雛飾りの前で撮影出来たので、出来栄えの華やかさに大満足でした。

img01

息子の初節句で写真館を利用しました。立派な兜の前で袴を着て撮影したり、金太郎の衣装も着せました。金太郎姿が妙に似合って、今でもお気に入りの1枚です。

『桃の節句・端午の節句』撮影時に知っておくべきポイント・注意点

初節句の写真撮影で着る衣装には、これと言って決まりはありませんが、人気があるのは、女の子なら着物や袴姿、男なら羽織袴や金太郎の腹掛けのようです。

ポイントは、赤ちゃんのサイズにあった衣装を選ぶこと。初節句は暦が決まっているので、赤ちゃんの月齢はさまざまです。衣装を早いうちから準備すると、成長が早ければ着れなくなってしまったり、逆にブカブカでみっともなかったりします。赤ちゃんの負担にならない衣装を選んであげましょう。

愛しいわが子の成長記録を写真で残したいなら
フォセット画像 引用URL:https://www.fossette.jp/

フォセット

わが子の写真館デビューに最適な
自然な笑顔を惹き出す写真館

フォセットの
撮影プランが知りたい

フォセットの
撮影プランが知りたい

コマエ写場画像 引用URL:http://www.komae.co.jp

コマエ写場

創業してから90年以上続く、
家族代々で利用する街の写真館

コマエ写場の
撮影プランが知りたい

コマエ写場の
撮影プランが知りたい

大進創寫舘画像 引用URL:https://so-sha.co.jp/photo/

大進創寫舘

王道スタイルで
伝統的写真を撮りたいなら

大進創寫舘の
撮影プランが知りたい

大進創寫舘の
撮影プランが知りたい

広島県の子供写真館についてもっと情報が欲しいClick